food delivery

Amazonプライムで1年間 GrubHub+ が無料になるので更にお得になる方法を考えてみた

Amazonプライム会員の特典で GrubHub+ を1年間無料で利用できるようになったので、同じくGrubHubが対象のアメックスゴールドカードのダイニングクレジットと併用して更にお得に利用できないか考えてみました。

キャンペーン情報

Amazonがプライム会員向けにGrubHub+を1年間無料で利用できるキャンペーンを実施中です。申し込みは簡単で、専用のページに行って、”Activate free GrubHub+” ボタンをクリックして手続きを進めるだけです。

しかし、ここで気をつけたいのがAmazonで申し込むバージョンのGrubHub+には、毎月の$10券が付いてこないということです。公式のプログラムと横並びで比較してみたのですが、公式サイトに明記されている毎月もらえる$10 free mealがAmazon版には明記されていません。

実際に、情報サイトのDoctor of Creditのコメント欄でも同じことが言われいます。

ということは、Amazon版のGrubHub+は公式サイトの劣化版で、実質、配送料が無料になるだけの特典として考えたほうがいいでしょう。

Amex Goldとの併用で価値を見い出せるか?

私はアメックスゴールドカードを持っているので、毎月10ドルのDining creditがもらえます。普段は家の近くにあるShake Shackに月1回行ってハンバーガーを食べたり、ギフトカードに変えて、数カ月分のDining creditを1回で使うこともあります。

このクレジットはGrubhubにも使えるので、今回のAmazon版のGrubHub+と併用した運用をしたらどうなるか考えてみました。

まず、GrubHub+のフリーデリバリーの条件が$12以上のオーダーであることなので、アメックスのクレジットの$10ではまかないきれません。そもそもデリバリーで$12以下の食べ物はほとんどないので、GrubHubを使う場合は毎回クレジット以上のお金を払う必要があります。

GrubHubのようなアプリで注文するときに節約する1つのアイデアがデリバリーではなく、ピックアップを利用することで、配送料を避けるということなのですが、GrubHub+はフリーデリバリーの特典が受けられるので、今回は使えないことになります。

こうなってくると、今まで通りShake Shackでクレジットを消費した方がよさそうなので、今回のAmazonのプロモは利用しないことにしました。

© 2018 – 2020 Koji Noguchi

この記事をシェアーする

Facebook
Twitter

本記事に関する注意事項(DISCLAIMER)

記事の内容は著者の個人的な意見であって、銀行、クレジットカード発行会社、航空会社、ホテルチェーンのものではなく、そのような組織による記事のレビュー、承認、推奨などは一切ありません。

またポイントやマイルに関わる情報は変わっていくものなので、公開時に正しい情報であっても、時間が経つにつれ情報が古くなり正確性に欠ける場合があります。紹介されているアドバイスやアイデアはすべて自己責任でおこなってください。本サイトで紹介された内容により損害が発生しても一切の補償はできないのでご了承ください。

以下のコメント欄はコミュニケーションの場の1つであって、投稿者の個人的な意見です。記事で紹介している銀行、クレジットカード発行会社、航空会社、ホテルチェーンのものではなく、そのような組織によるコメントのレビュー、承認、推奨などは一切ありません。

便利ツール

電気代をクレジットカードで支払う方法

私が使っている電力会社 Georgia Power はクレジットカードで電気代を支払うと手数料がかかります。しかし、Arcadia Power (紹介リンク)という会社を間に挟むと、手数料なしで自動的にクレジットカードで電気代を支払うことができます。

もっと詳しく »
auto
Uncategorized

自動車保険 の更新は損?更新時に新規契約したら同じ保証でも節約できた件

私は 自動車保険 にProgressiveを使っているのですが、今回の更新のタイミングで、試しに新規契約の見積もりを取ったら同じ保証でも保険料が安くなることに気づきました。すべての人が毎回このようなケースになるかわかりませんが、保険料はかなり下がったので私の体験談を紹介します。

もっと詳しく »