Amex Offer: 特定のMarriott系ホテルで$40キャッシュバック

American Express が Marriott 系ホテル4ブランドを対象にしたAmex Offerを現在オファー中です。内容は、Courtyard by Marriott, SpringHIll Suites by Marriott, Fairfield by Marriott and Four Points by Sheratonの4つのブランドに対して1つずつあり、各ブランドで$200かそれ以上使うと$40のキャッシュバックがあります。

Amex offerは、American Expressのカードのうれしい特典の1つです。

Amex Offer の詳細はここでは解説しませんが、American Express のカードに備わっている機能で、Amex のオンラインアカウントやアプリからオファー内容が確認でき、興味のあるオファーを使いたいカードに “add to Card” しておきます。追加した後に、期限内にそのオファーの条件を満たせばキャッシュバックや追加ポイントがもらえます。例えば、私は今回紹介したMarriott 系ホテル4ブランドの Amex Offer はすべてPlatinum Cardに追加しておいたので、期限以内に条件を達成できれば各オファーごと$40のキャッシュバックがもらえます。

オファーはターゲットされているので、今回紹介する内容と同じものがあなたのAmex offerに含まれていない可能性があります。また、持っているカードによってもオファーが微妙に違うので、自分が持っているすべてのカードのAmex offerをチェックしてみてください。

Amex Offerの解説記事に興味はありますか?内容としては、Amex Offerの確認方法と追加方法、注意点と追加するカードの選び方などについて話す予定です。

 

今回、私のもっている Amex カードの中でこの Amex offer があったのは、Gold card と Platinum card でした。Amex が出している Marriott・SPG 系のカード3枚(Starwood Preferred Guest personal, business と Luxury card)にはなぜか同じオファーが表示されていませんでした。SPG系のカードで Marriott・SPG 系のホテルの支払いをするとポイントが多くもらえるので、今回のような Marriott 系ホテル4ブランドを対象にしたAmex OfferはSPG系のカードに追加して支払いをしたいのですが、今回はGold card か Platinum card にしか追加することはできません。使うかわかりませんが、私は Platinum card に今回のAmex offer 4つすべてを追加しておきます。使うかわからなくても、追加しておいて損はないので入れておきます。早く追加しておかないと後で使いたいときにオファーが消えていることもあるので、見つけたら使うかもしれないカードに追加しておくようにしています。

次に規約を簡単に見てみます。

参考までにCourtyardのAmex Offerの規約を参照します。いろいろと制限されている場合もあるので、めんどくさくても使いたいAmex Offerの規約は使う前に確認することをおすすめします。

いろいろと長く書いてありますが、今回のCourtyardのAmex Offerはアメリカ国内とPuerto RicoのCourtyardに使えるようです。また、対象になるものもホテルの部屋代とルームチャージのみとなっています。今回は使うかわからないのであまり気にしませんが、使う予定のあるAmex Offerの場合、私は必ず規約を読むようにしています。例えば、今回のCourtyardのAmex Offerが使えると思って日本のCourtyardの宿泊に使っても、日本のCourtyardはAmex Offerの対象外なのでキャッシュバックは得られません。また、予約はMarriottのオフィシャルチャンネルから行わなければならず、ExpediaなどのOTA(Online travel agency)を経由した予約には適用されません。こんなことがないように、Amex offerを使う時にな規約を確認して確実にボーナスがもらえるようにしましょう。

このAmex Offerを最大限に活用するには、200ドル前半の宿泊料金に設定されているホテルに泊まるのがいいと思います。

あとこのようなホテル系のAmex offerで気をつけたいのは期限です。今回のAmex Offer の期限は1月31日まで。つまり、その日までに支払いが終わっていないといけません。これは、宿泊ではなく、支払いがその日までに完了していないといけないので、期限ギリギリの宿泊の場合、前払いで料金を支払っていないとダメそうです。例えば、1月31日に泊まっていても、支払いが2月1日の場合、オファーが使えなくなってしまします。このように支払いが後になるようなAmex Offerを使う場合は支払日がいつになるか意識しないといけません。

最後に、当然ですが、支払う前に Amex offer を支払うカードに追加しておく必要があります。支払った後だと、キャッシュバックがもらえません。あと、支払うカードを間違えてもAmex offerのボーナスがもらえません。条件を満たせば、Statement creditとしてもらえる$40のキャッシュバックは、最終日の1/31/2019から90日以内にステートメントに反映されるとのことです。

まとめ

Amex Offerには年間を通していいオファーがちょくちょく出てきます。今回のMarriott 系ホテル4ブランドを対象にしたAmex Offerは期限以内に宿泊予定のある人にとってはうれしいですね。$200ぐらいの宿泊にだったら、$40は20%バックなのでとてもいいリターンになります。しかし、注意点もあるので使いたいAmex Offerがあった場合は、追加するカードや期限の確認だけにとどまらず、詳しい規約の確認もおこなってください。

 

Feature image is COURTYARD ATLANTA DECATUR DOWNTOWN/EMORY. Courtesy of Marriott.

© 2018 – 2020 Koji Noguchi

この記事をシェアーする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

本記事に関する注意事項(DISCLAIMER)

記事の内容は著者の個人的な意見であって、銀行、クレジットカード発行会社、航空会社、ホテルチェーンのものではなく、そのような組織による記事のレビュー、承認、推奨などは一切ありません。

またポイントやマイルに関わる情報は変わっていくものなので、公開時に正しい情報であっても、時間が経つにつれ情報が古くなり正確性に欠ける場合があります。紹介されているアドバイスやアイデアはすべて自己責任でおこなってください。本サイトで紹介された内容により損害が発生しても一切の補償はできないのでご了承ください。

以下のコメント欄はコミュニケーションの場の1つであって、投稿者の個人的な意見です。記事で紹介している銀行、クレジットカード発行会社、航空会社、ホテルチェーンのものではなく、そのような組織によるコメントのレビュー、承認、推奨などは一切ありません。