ANAファーストクラスでなかなか入れないPolaris Loungeを体験しよう

ファーストクラスの醍醐味は機内で快適に過ごす時間ですが、搭乗する前に使えるラウンジも楽しみの1つです。ここではANAファーストクラスで里帰りするときに空港によっては入れるかもしれない Polaris Lounge を紹介します。 Polaris Loungeの数はまだ少ないですが、ANAファーストクラスで里帰りする際にChicago (ORD)、 Houston (IAH) か San Francisco (SFO) の空港から出発すれば利用可能です。このPoints TerminalでおすすめしているANAファーストクラスで里帰りする場合、上記の3つの空港から出発できないか検討してみてください。また2018年年末には Los Angeles (LAX) にもPolaris Loungeができるそうです。 Polaris Lounge は United Airlines の国際線専用プレミアムラウンジです。上記の United の公式 Youtube チャンネルの動画を見てもらってもわかるように、高級感あふれる贅沢な作りになっています。Polaris Lounge はアメリカでは最高級クラスの航空ラウンジですが、入場条件が非常に厳しいラウンジの1つでもあります。 Polaris Lounge は入れる人がかなり制限されているラウンジで、 United の長距離ビジネスクラスの利用者か、Star Alliance のビジネスクラスかファーストクラスの利用者でないと入れません。 Polaris Lounge のアクセス条件は行き先と航空券のクラスによって決まるので、 Star Alliance や United の上級会員であってもそれだけでは Polaris Lounge に入ることはできません。しかし、ANAファーストクラスで里帰りする場合、ANAはStar Alliance メンバーなので、条件の2番目に該当し、Polaris Lounge にアクセスすることができます。 このように普段なかなか入れない Polaris Lounge にアクセスできるのはうれしいですが、ANAが運行しているすべての空港に Polaris Lounge があるわけではないので、特定の空港から出発しないと Polaris Lounge には入れません。11月30日現在 ANAファーストクラス利用者がアクセスできる Polaris Lounge は、Chicago (ORD)、 Houston (IAH) と San Francisco (SFO)の3つです。つまり、ANAファーストクラスで里帰りをする際に、この3つの空港のいずれかから出発しないと残念ながら Polaris Lounge には行くことができません。しかし、この3つの空港からANAファーストクラスに乗る際はぜひ Polaris Lounge に足を運んでください。また噂では、2018年年末には Los Angeles (LAX) にもPolaris Loungeができる予定なので、そうなったらうれしいですね。しかし、Polaris Lounge の展開はとても遅いので、Los Angeles (LAX) のオープニングも遅れるかもしれません。 最後に簡単に Polaris Lounge の注目サービスを見ていきましょう。 Polaris Lounge は国際線専用プレミアムラウンジということもあり、シャワーはもちろんのこと、デイベットで仮眠をとることもできます。長時間のフライトや時差は体に負担をかけるので、ラウンジで仮眠がとれるのはうれしいですね。 また、食事も充実していて、バッフェの他にダイニングエリアがあって、レストランのようにメニューから注文することもできます。これなら、フライトまでの時間をゆっくり食事しながらすごせますね。しかし、ラウンジでもいいごはんが食べれますが、ANAのファーストクラスの機内食はとてもいいので、ラウンジで食べ過ぎたり飲み過ぎたりしないように注意しましょう。

まとめ

ANAファーストクラスの体験は空港から始まります。ANAファーストクラスで日本に里帰りすると、出発空港によっては限られたプレミアムキャビン搭乗者しか体験できない Polaris Lounge のような特別なラウンジにも入れるので、時間に余裕をもって空港に行って搭乗までの時間を優雅にすごしましょう。

© 2018 – 2020 Koji Noguchi

この記事をシェアーする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

本記事に関する注意事項(DISCLAIMER)

記事の内容は著者の個人的な意見であって、銀行、クレジットカード発行会社、航空会社、ホテルチェーンのものではなく、そのような組織による記事のレビュー、承認、推奨などは一切ありません。

またポイントやマイルに関わる情報は変わっていくものなので、公開時に正しい情報であっても、時間が経つにつれ情報が古くなり正確性に欠ける場合があります。紹介されているアドバイスやアイデアはすべて自己責任でおこなってください。本サイトで紹介された内容により損害が発生しても一切の補償はできないのでご了承ください。

以下のコメント欄はコミュニケーションの場の1つであって、投稿者の個人的な意見です。記事で紹介している銀行、クレジットカード発行会社、航空会社、ホテルチェーンのものではなく、そのような組織によるコメントのレビュー、承認、推奨などは一切ありません。

  • 追加記事​
Alaska

Alaska milesの購入コストが値上がり

Alaska milesはJALのファーストクラスが比較的少ないマイルで飛べるなど、航空マイルの中でもトップレベルの価値があります。しかし、メジャーな交換可能ポイントからは交換できないため、貯めにくいマイルの1つでもあります。そこでマイル購入は現実的なオプションですが、最近その購入コストが2%ほど上がったことがわかりました。

もっと詳しく »
Marriott・SPG

Marriott Travel Packageの期限延長に成功

1週間高級ホテルに無料で泊まれるならどこに泊まりますか?去年Marriott Travel Packageを手に入れてからこの回答を1年間考えていたのですが、結局期限までに答えが出なかったので、もう1年間延長することにしました。

もっと詳しく »