2020年2月現在で保有しているすべてのカードとその理由

2020年現在で持っているクレジットカードをすべてリスト化してみました。持っているクレジットカード(と狙っている新しいカード)で戦略が大きく変わってくるので、みなさんの参考までに私と妻のカードをすべてここに示します。日本語がわからない妻のためのリストと兼用のため、内容は英語になってます。ご了承ください。

でも、ただ単にこんなカード持ってますだけだとつまらないので、持っているカード、その年間費、便利だと思っている主な特徴(主観ですが)、維持か放棄か、その個人的な理由をまとめました。

あと簡単な内訳です。私がPrimary card holderのカードが31枚で、妻がPrimary card holderのカードは2枚でした。また、個人用のカードの方が32枚(Authorized user口座も含む)とビジネス用のカード7枚に比べ、圧倒的に多いです。

また、発行元の銀行で見ると、トップ3はAmexの8枚、Chaseの7枚、Citiの5枚となっています。

ちなみに、年間費は、$4000以上も払っていました。。。やばい。。。

0
私のカード枚数​
0
妻のカード枚数​
0
個人用のカード枚数
0
ビジネス用のカード枚数
0
Amexカード枚数
0
Chaseカード枚数
0
Citiカード枚数
$ 0 以上
年間費

注意:クレジットカードを正しく使うにはちゃんとした知識と管理が大切です。私の保有カードは「例」に過ぎないので、参考程度に見て下さい。

Card NameAnnual FeePrimary FeaturesKeep/CancelReason

本記事に関する注意事項(DISCLAIMER)

記事の内容は著者の個人的な意見であって、銀行、クレジットカード発行会社、航空会社、ホテルチェーンのものではなく、そのような組織による記事のレビュー、承認、推奨などは一切ありません。

またポイントやマイルに関わる情報は変わっていくものなので、公開時に正しい情報であっても、時間が経つにつれ情報が古くなり正確性に欠ける場合があります。紹介されているアドバイスやアイデアはすべて自己責任でおこなってください。本サイトで紹介された内容により損害が発生しても一切の補償はできないのでご了承ください。

以下のコメント欄はコミュニケーションの場の1つであって、投稿者の個人的な意見です。記事で紹介している銀行、クレジットカード発行会社、航空会社、ホテルチェーンのものではなく、そのような組織によるコメントのレビュー、承認、推奨などは一切ありません。

Bank of America

美術館にタダで入れるカードがあった

皆さんは美術館や博物館に行ったことはありますか?アメリカの美術館や博物館はスケールが大きいものが多く見応えがありますが、個人的にはちょっと入場料が高いと思っています。でも、Bank of Americaのデビットカードやクレジットカードを持っていたらタダで入れるチャンスがあります。

もっと詳しく »
American Express

Amex Offer: 特定のMarriott系ホテルで$40キャッシュバック

American Express が Marriott 系ホテル4ブランドを対象にしたAmex Offerを現在オファー中です。内容は、Courtyard by Marriott, SpringHIll Suites by Marriott, Fairfield by Marriott and Four Points by Sheratonの4つのブランドに対して1つずつあり、各ブランドで$200かそれ以上使うと$40のキャッシュバックがあります。

もっと詳しく »